資料請求はこちらから!

面接のためのチェックポイント

自分の好きな企業に就職したいと思っても、面接で最大限のアピールができなければ結果を残すことはできません。また、面接官の方に好印象を持ってもらうためにも、事前準備を万全に行い、発言や行動に気をつける必要があります。面接を成功させるためにも、以下のことを心がけるようにしてください。

準備不足で起こりえること

準備不足で起こりえること

準備不足だと様々なトラブルが予測されます。たとえば、道に迷ったり、交通機関のトラブルがあったりすると遅刻をしてしまい、面接官に迷惑をかけることになります。面接会場に余裕を持って到着できるよう、面接会場までの距離や時間、移動手段は事前に調べておきましょう。

また、会場に着いた時から既に見られているということを意識してください。面接ぎりぎりまで携帯を触る、ダラダラしているなど、そいう姿はやる気がないと思われてしまいます。その他に典型的な質問に対する答え、聞きたいことを用意していないと対応できずに困ります。

面接では言い換えがポイント

自分では良かれと思って言ったことが、面接官にとってはNG発言につながるケースもあります。例えば前の会社の退職理由を聞かれた際に、「満足な仕事をさせてもらえなかった」と発言をすると、前の会社の悪口を言っているように捉えられてしまいます。それよりも「責任は重くてもやりがいを感じる仕事をしたい」などと、ネガティブに捉えられそうな発言は全てポジティブに変換することがポイントです。また、質問に答える前にネガティブ発言ではないか、一旦考えるようにしましょう。

面接官が判断基準にしている3要素

面接官が判断基準にしている3要素

面接官はおもに応募者の長所や短所、または企業でやりたいことを一言で明確に答えられるかを見ています。自分の長所は面接官へのアピールになりますので、自分はどういう長所・短所を持っているかしっかり伝えられるかが重要です。

長所はこれから先どう伸ばしていくか、短所は今後どのように改善しようとしているかを伝えることで、努力していく誠意があることが伝わります。企業でやりたいことは、面接官があなたのやる気を見極めている質問です。企業の下調べを行い、自分は何をやりたいかを考え明確に答えられるようにしましょう。

当社は、広島・岡山エリアでUターン者向けに転職支援を行っております。相談は無料ですので、転職をお考えのUターン者はお気軽にご利用ください。人材紹介もしていますので、中途採用を希望の方も安心してご利用いただけます。Uターン者の方で転職活動に不安や悩みのある方は、一度当社の転職エージェントへご相談ください。

↑go top