資料請求はこちらから!

転職前に再確認したいビジネスマナー

転職を考えている方は、今までの経験を通して様々なビジネスマナーを身につけていらっしゃると思います。しかし、ビジネスマナーが身につけていないと自分が損するだけでなく、周囲に迷惑をかけてしまう場合があります。転職を考えている今だからこそビジネスマナーの基本をおさらいすることが大切です。

言葉使いが印象を左右する

言葉使いが印象を左右する

言葉使いは同僚や上司と会話をする時だけでなく、電話対応をする際にも重要です。例えば電話を受ける時に「もしもし」といってしまう場合もあるかもしれませんが、ビジネスシーンにおいて「もしもし」は不要です。

電話を受ける際は、「はい」と答えた後に、会社名、氏名の順で名乗り、電話の相手が社外の人である場合は、「お世話になっております」と言い丁寧に対応しましょう。また、逆に電話を相手にかける際は、いきなり本題に入らずに、「○○の件でお電話をいたしました」など、ひと言前置きを入れることで、良い印象を相手に与えられます。

この他にもビジネスシーンでは様々な言葉使いがあります。例えば何かを謝罪する時は「すいません」よりも「申しわけございません」の方がビジネスシーンには適しておりますし、断わる際は「いたしかねます」と言った方が、「できません」というよりも上手に対応することができます。言葉使いが良ければ、それだけで社会人としての評価が上がりますので、上手く使い分けるように心がけることが大切です。

名刺交換は相手に不快感を与えないように注意!

名刺交換は相手に不快感を与えないように注意!

名刺交換は相手に自分のことを紹介する重要なシーンである為、相手に不快感を与えないように上手く行うことが求められます。交換する際は、基本的に目下の人物が目上の人物よりも先に名刺を差し出すことがマナーです。

名刺交換の流れとしては、まず名刺をすぐに取り出せるように名刺入れを手元に用意します。次に名刺を相手に差し出し、社名や部署名、名前を名乗ります。その際、相手の名刺よりも低い位置で差し出すことが大切です。

また、名刺を相手と同時に差し出しているのであれば、自分の名刺を右手で差し出し、左手で相手の名刺を受け取ります。そして受け取った名刺を右手で添えて、ひと言「よろしくお願いいたします」と伝えることで名刺交換を上手く済ませることができます。

広島・岡山Uターン転職をしたい方は、人材紹介事業をサービスとして提供している当社にお任せください。当社は広島や岡山へのUターン転職を考えている方に向けた支援を、無料で行っているエージェントです。また、Uターン転職だけでなく中途採用を希望する方のサポートも行っておりますので、まずはお問い合わせください。

↑go top